スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味しいご飯の写真を撮る為に…超初心者のための写真講座 PART2

2005-09-05 (Mon) 11:48[ 編集 ]
前回の「超初心者向けピンボケしない写真を撮るコツ」の記事はこちらから

プロでもなんでもないのにこういう記事を書くのは毎度ちょっとゴメンナサ~イな気持ちもあるんですが、前回が意外と好評だったので…^^
今日は少々ぶれた写真やボケてしまった写真を修正する方法を書きます。

まず、↓チョットだけボケてしまった写真(clickしてね)↓。
微妙にボケてます
なーんとなくボケてます。まぁこれでもいいかーっていえばいいんですが、もう少し小物一つ一つがはっきり写っていればいいのになぁと思ってしまいます。
ちなみに家のリビングの壁、象さんコーナーです。(笑)

では、↓チョット修正を掛けてみます(clickしてね)↓。
修正後
チョット良くなったでしょう?
別の写真を使っているわけではありませんよー^^
小物一つ一つの質感が際立ったような気がしませんか?

ボケた写真にある加工を施しているのですが、その方法については続きで~^^


写真の鮮鋭化の方法についてかきます。

写真を加工するソフトを皆さん使われると思うんですけど、多分そのソフトの中にも「鮮鋭化」というのがあると思うんですよ。
ご存じなかった方は、チョット探してみてください^^
シャープネス」って書いてあるものもあります。
「Laplacian」ってのもあるかも。
それを写真に施すんです。(鮮鋭化フィルタをかけるっていうのかな…
すると(数値を指定できると思うんですが、大きい数値にするほどくっきりします。やりすぎ禁物ですが)ボヤッとしていた被写体にエッジがきいてしゃきっとするんですよ!
ちょっとくらいのピンボケならこれで何とか修正できたりします。

このフィルタ、写真全体に施してもいいし鮮明に見せたい部分だけ範囲指定して施してもいいです。その方が効果的な時も多いです。

例えば、一つ前の記事のびっくりバナナジュースの写真ですが、バナナジュースの部分(表面の見えてる部分)だけ鮮鋭化フィルタをかけています。(全体的に特にピンボケしていたわけではないのですが、その方が質感が良く伝わるような気がしたので、鮮鋭化フィルタをかけました。)

特にボケていなくても「ここを見てほしい!」と思う部分を鮮鋭化すると効果的な気がします。
ホワーンと柔らかい雰囲気が好きな方には向かない方法かもしれませんが…(笑)

一応これはプロの方に直々に教わった方法だったりしますので、試す価値はありますよ!(動物の写真の毛並みなんかも綺麗に際立ったり…^^ ご飯の写真以外でもどんどん活用してください^^)

お役に立てば幸いです。
役に立ったら…ポチッと教えて帰ってくださいね☆よろしくお願いしま~す!!
▲▼▲ブログランキング▲▼▲
スポンサーサイト

コメント

はじめまして!

こんにちは。あやさんのブログから飛んで来ました。
ちょうど写真の撮り方でアレコレ悩んでいたところでした。
いつも甘押しをするつもりが、シャッターがきれてしまいます。
私としては、後ろの方を少しぼかしたいのにノペーッとした感じになることが多いんですョ。
(変に明るい時もあります。)
・・・・・まだまだあるのですがこのへんで止めておきます(笑)
がんばってみますね~!
これからも、楽しみにしています。

→→うらちゃんさん

こんにちはー^^
お越しくださってありがとうございます!
甘押しがむつかしいカメラもあるのかもしれませんね。
自分のカメラのことしかわかんなくって書いてしまっているので、当てはまらなかったらごめんなさい~!
いい写真が撮れるといいですね!
デジカメって何回も撮りなおし出来るし…笑 頑張ってください~!
コメント残してくださってありがとうございました~!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://noitysrecipe.blog14.fc2.com/tb.php/98-7ddcef39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。