スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ北部旅レポート~チェンダオ~

2006-05-12 (Fri) 19:43[ 編集 ]
小さい写真はclickで大きくなります。

何族だったか・・・
チェンマイはタイ語もですがチェンマイ語も公用語のようです。
チェンマイ語が普通に喋れて(学校ではチェンマイ語らしい)タイ語も日本語もペラペラのチェンダオ鯰さんの息子さんの光くんを通訳に、山岳民族の村々を訪ねて回りました。
何個もの村が結構まとまって存在していました。
友好的な村は、たまにやってくる観光客むけに自分たちの作った装飾品などを売っていたりします。
そんな村は結構明るい雰囲気です。
でも閉鎖的な村は、結構荒れてます。。ボロボロってかんじでした。
(観光収入が無いから)
山
チェンダオは本当に景色最高!!
ジャックフルーツ
ジャックフルーツの木、発見。
細かいとげとげが表面にびっしり、大きいものだと両手で抱えるようなものもあるそうです。枝からでなくて、木の幹から直接生ってるからスゴイ。じゃなかったら、枝が折れるだろうなー。

マンゴー マンゴー
マンゴーってこんな風にぷら~んとぶら下がるようにしてなるんだ!
右の写真、手前はマンゴーがなっている木、後ろはまだ花をつけているマンゴーの木。花はとっても小さくて一枝に何百と咲くらしいです。その中の幾つかだけが実になるって事です。エリートです。(笑)

洞窟に仏像があるらしい
この洞窟の中に仏像があるらしく、さながら昔の水曜スペシャル・川口浩探検隊になった気分でワクドキしながら泥にまみれた怪しげな階段を上がっていく一行…

そのとき!!われわれの行く手を阻むものが現れた!!!!



それは・・・・・・コブラ!!
と言っても子供。小さい子コブラでした。
でも子供が居るなら親が居るってことでしょう。。。
というわけで、あっさりと引き返しました。(笑)

見てみたかったけどなー、洞窟の中の仏像!
いつかリベンジ!!??出来るかな…

火炎樹forblog-chiandao011.jpg
左は火炎樹という木。名前のとおり、燃えるような赤です。
東南アジアでは結構見られる木かな?
右は小学校のセパタクローのコート。あいにく学校は今お休みです。

パチンコ球
さて、これは何でしょう?
道端で乾燥中・・・・・
正解はパチンコ球。あの枝の先が二股に分かれてて先にゴムがついてて玉をびゅんっと飛ばすやつ。それ用の玉。
何に使うのかと思ったら、獲物(鳥など)捕り用だそうです。

タバコを吸うおっちゃん若い?
軒下でどでかいパイプを燻らせている村人発見。
写真撮らせてっと通訳してもらいパシャリと一枚。
もっと撮っていいよ~みたいなことを言っているらしくて2枚ほど写真を撮ったら…
チップを要求されたよ……ま、そうなるのではないかな~と予想はしていたけど…小銭が無くて20Bだすことに。ま、日本人感覚で行けば「安いから良いけど」です。
でも、タイなら食事が出来ます。
「タバコ代の足しにするよ」だって。そうしてまたそうやって珍しがって写真撮る人からチップをもらうんだね。賢い。(笑)

鯰さん宅
ミニ観光後、チェンダオ鯰さん宅へお邪魔しました。
開放されたリビング?からはチェンダオ山(2000m.級)が見えてそれはそれはすばらしい景色の気持ちのいいお家!!
うらやましすぎる環境です。
鯰さんお手製の梅ジュースや青いマンゴーの切ったもの(ほんのり甘くてさわやかな味!)プルーンみたいなフルーツなどつまみながら、先に訪ねてこられていた鯰さんのご友人とおしゃべり…

お昼ごはんを食べたら温泉に行きましょう!ということになりました。

続く…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://noitysrecipe.blog14.fc2.com/tb.php/361-497ae4fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。