タイ旅行 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ北部旅レポート~チェンマイ観光~

2006-05-24 (Wed) 15:45[ 編集 ]
チェンマイ3日目。ゆっくり出来るのは今日まで。
めいっぱい遊ぼう!と早朝から出かけました。

ターペー なぞ
ホテルからブラブラと歩いて旧市街地まで向かったのですが…結構距離あった…トイレに行きたくなったのでターペー門のすぐ近くのスターバックスで借りついでにお茶をして涼んでいくことにしました。スタバはタイだからって安くないです。普通に高い!
でもまともな物が飲めるので。。(笑) 
右のはコンビニの前に必ずある体重計。何であるのかは謎です… お金払ってまで外で…ヤだなー。体重なんて家で計ろうよ~って思うけどなぁ。(笑)
サムロー 朝早いので空いてます
左は自転車タクシーのサムロー。トゥクトゥク、ソンテウが多くて、サムローはたまーにしか見かけなかったです。自転車だからきっと近距離用だろうし…だから結局乗らずじまい。。ちょっとの距離なら歩こう!って感じなので余計にね~。朝早ーくなので道も空いてます。っていうか、5月5日だったわけですが、この日はタイの祝日。空いてたのはそのせい??
あ! ノイナー
木陰をブラブラと歩きながら、ふいと垣根に目をやると…あ! ノイナーだ!この果物、まだ食べたことがありません。英名シュガーアップル。漢字で書くと釈迦頭(うまいこと言うな~)といいます。すっごく甘いらしいです。去年売っているのを買おうと思ったのだけどデコボコの溝に沢山アリやら怪しい虫が埋まってて(相当甘いんだろーなー笑)買わなかったんだよね…いつか食べてみたいです。
カオマンガイ屋さん 食べた
朝早く出たわけですが、その理由はこれ!カオマンガイ屋さんで朝ご飯を食べたかったから^^ ほんとに美味しかったです。

ワットチェディルアンにて 土曜日の神様
ワット・チェディルアンまで歩いていき、生まれ曜日の神様にお賽銭をいれてナムナムとやってたら、タイ人のおじさんが親切にも色々と説明をしてくれました。聞くとソンテウの運転手さんで、観光案内してあげるよ~!ということでした。
ブラブラ歩いて旧市街地を散策しようと思っていたのだけど、段々と暑くなって来てるし歩いて回るのは無理がありそうだと思ったので、二人で100Bだけでいいというので観光案内を頼むことに…
左の写真、コンビニ袋をぶら下げてますが(笑)その辺にゴミ箱ってものがないため…です。不恰好ですが、ポイ捨てよりましかと。
道にゴミを捨てちゃいけません。ポイ捨て(タバコ)してる人見かけたけど、日本人のええ年したオッサンでした。外国来てまでホントやめてください。かっこ悪いから。

以下、チェンマイのお寺めぐりで撮った写真ですが、ごちゃ混ぜになってしまってどこがどの寺院とかわかんない…汗汗
崩れてる いい音だよ
左:てっぺんが崩れてる~。
右:これのミニミニ版のラッキーベル持ってます^^
綺麗 チェディっていうの?
左:チェンマイのお寺はバンコクにあるお寺より地味?なような気がする。
右:まぶしいです。象さんが可愛いです。
きらびやか~ 象さんが支えてる
左:中はとってもきらびやか。日本のお寺と違っていつも中に人がいる。
右:大きな象さんが支えています。
綺麗だなぁ ジャスミンの香りでいっぱい

タイ式のお寺 絵を買いました
今回も絵を買いました。ハイチーズ♪
写真のポンさんのサイトはこちら^^
絵を買うことも出来ます。サイトを見て知ったのだけど、2児の母だって!えー!全然見えなかったよ!
インド式のお寺 写ってます
ここはソンテウ運ちゃんユッさんが言うには「インド様式のお寺」なんだそうです。
菩提樹の木の下には白い木が立てかけてある。これは何? なんか好き
菩提樹の木の下はこんな風に白い木が立てかけてあったのだけど、何の意味があるのだろう…
タムブン
はい、これは何でしょう?
中には生きている小鳥が入っています。
かごを開いて大空へ逃がしてあげることで「徳をつむ」(タイではタムブンといいます)=徳をつみませんか?って商売があるのです。(笑)
お金を払って鳥を逃がすんですが、まぁこっちは捕まえられた鳥を放してあげるんだからちょっとは徳をつめるかもしれない。でもその辺にいる鳥を捕まえてきてその商売してるあなたは???って思っちゃうよね。(笑)
あまり深く考えちゃいけないんだろうね。≧(´▽`)≦アハハハ


ソンテウからの眺め ユッさんありがとー!
ソンテウに乗ってあちこち移動してたわけですが、本来ソンテウって、乗り合いタクシーなんで乗る場所は後ろで、こんな風に助手席には乗らないと思います。。。(左写真の前に走っているのと同じのに乗ってます)ユッさんが観光案内してくれるので、フラットシートの助手席に二人乗り込み、終始キュッとなってました。(笑)
ユッさん、愛娘の携帯の写真を見せてくれて、どうだい?って自慢するので、「可愛い!」って言うと、「beautifulだろう!」と嬉しそうでした。奥さんは大学出で銀行に勤めているけど、私は高校出だからこの仕事なんだ。だって。タイシルクの制服を作りにシルク屋さんに行くことがあるという話だったので「奥さんもbeautiful?(笑)」と聞くと、「んーーー(笑)ん~~~そうだね。beautifulってことにしておこうか。小さくって可愛いよ。」だってーもーいいねー幸せそうだよユッさん。ヒュゥヒュゥ!!! 終始こんな調子で笑いながら会話してました。
あ、ダッシュボード右端の白いのはティッシュとかじゃなくって白いお花です。綺麗だね~と言うと「to eat」って聞こえたんだけど、気のせいかしら。食べるの??????(笑)

ボーサーン これが見たかったー
ボーサーンの傘工房。ここに来たかったんだ~!旦那君が傘欲しい今度は絶対傘工房行こうね!と前にチェンマイに来たときから言ってたので、来れて良かったー。
手前の緑の傘をご購入~♪ 今はリビングの壁際天井から吊ってます^^もっと沢山買ってもよかったなー。
カトゥーイのアーティスト スラスラ上手いなー
持ち物に絵を描いてくれるというので、頼んでみました。旦那君は帽子に象さんを。雲丹はバッグにチョウチョを。ちなみに左の方、美人さんなんですが、おかまちゃんでした。(笑) 描くものも女性的なモチーフが専門のようです^^ 美しい絵をパパパっとすごいスピードで仕上げてくれました!料金は「気持ちだけいただきます」だって。えー!(悩む…)私は100B渡したのだけど、旦那君は50Bしか渡してなかったよー。ケチだなー。(どっちもどっち)
スーパー いいだろぉー
ユッさんとはお昼ご飯を食べてから解散~。ホテルまで送ってもらうことになってたけど、まだ行きたかった場所…BigCという大きなスーパーまで行ってもらってからサヨウナラ。
ホント親切な人だったなー。また何かあったら頼みたいくらい、だけど電話番号も教えてくれたけど…タイ語喋れないしなー。英語でOKなのかしら??(笑)
ところで、スーパーって楽しいよね~。タイの大きなスーパーは日本にあるスーパーで言えば(イオンになる前の)カルフールっぽい雰囲気。同じフロアに服もあれば食べ物もある、フードコートもあります。トートマンプラー(タイ風さつま揚げ)が揚げたてだったので買って、フードコートで食べてみました。美味しかったー!!そしてスゴク辛かった!!フードコートで食べてるときに旦那君の帽子の写真を撮らせてもらったよ。「今回の旅行でこれが一番嬉しい!」って言ってたよ。よかったねー^^
センスいいお店! 乗ったら目立つね…
BigCで買い物したあとはソンテウに乗ってホテルまで。
少し休んでから夜の街へ…
ちょっと小奇麗なお店に入ってみたら、高いかと思いきや安いしセンスいいし!旦那君は斜めがけバッグとサンダルを。雲丹もサンダルを買いました。今思えば…私もバッグ買えばよかったー!!
ご飯はガイドブックに載っていたチェンマイ料理のお店で食べ、お店からはトゥクトゥクに乗りタラート・ワローロット(市場)へ。そこからブラブラと買い食いしたり市場を楽しんでナイトバザールのほうへも行き、ホテルまで歩いて帰りました。
相当歩いた…あーしんど。でも楽しかった~~!!!

次の旅レポ更新で、ナイトバザールの写真や購入したものなど公開しようと思います^^

あーやっぱり4日間(中2日)じゃ短かすぎる!!
1ヶ月くらいのんびりしてみたいもんです…ずぇったい無理だけど。


旅レポほかのページはこちらからv
スポンサーサイト

タイ北部旅レポート~首長族の村へ…~

2006-05-15 (Mon) 14:52[ 編集 ]
ライチもぎ放題 高いところのほうが赤くて美味しそう
温泉のあとは、チェンダオにあるリゾート地に行きました。
ライチの木が沢山あって、もぎ放題食べ放題!(許可もらってます)
高いところのほうが日が当たって赤い実が多いので(だからとっても美味しそうに見える…)肩車で鯰さん親子ががんばって採ってくれたり。
でも意外とそれは硬くて酸っぱかったり…
色より軟らかさが一番甘さと関係している模様。
探してます
どれが甘いかなぁ~と木の下に入ってもいでは食べもいでは食べ~・・・
なんでしょ?
さぁて、何を撮った写真でしょう?
正解は、たぶんクリックして大きな写真を見れば分かる、はず。(笑)
擬態してます。でも騙せてない…(笑)

さてさて、美味しいライチも食べて大満足したところで、
今度はロングネックの村へ行くことに…
村の入り口近く車を停めた所で、一人旅をしている日本人旅行者がいました。地元のツアーを申し込んでここまで来たとの事。
この度タイを旅行していてリタイヤしたら絶対こっちで暮らそうって思ったと嬉しそうに語ってました。
思うよねーうんうん、わかるわかる!!
村入り口
さて、入場料も払い…(首長族さん、観光収入で暮らしています)村へ入っていきます。
ツーショット 見たことある人
念願の首長族さんに逢えた~!
別にね、変わったものが見たいとかそういうのではなくて、私はあのバランスが美しいなぁ~と思っていたのです。気持ち悪がられる方も多いのは事実ですが…
首長族の女性はみんな顔がものすごく小さくて(日本人には無い大きさ)とっても美人でした。
右の人は出回ってる首長族の写真とかで見たことのある顔のような気がする~。
ご機嫌斜め 可愛い!
ご機嫌斜めの少女。(笑)
何が原因か分かんないけどちょうどぐずって泣いているところでした。
めっちゃ可愛いお顔だから、笑顔が見てみたかったなぁ~。
男の子は… ダラダラ
観光客を受け入れることで生計を立てているこの村では、男の子は首を長くしないから特徴ある格好をするわけでもないので、ぼろぼろのTシャツ一枚でこんな調子(笑)だし、首を長くしてない男の人は稼げないから、一日村の入り口付近にある東屋でダラダラと過ごしているそうな・・・・・・・
タイは女の人のほうが働き者です。(笑)
あ、手前のハンモックの男の子は別ですよ!鯰さんの息子さんの光君、私たちの通訳で大活躍です。いい仕事してくれました♪
首長族さんの村では、ブレスレットを二つ買いました。
ひとつは自分に、もうひとつは鯰さんちの子猫サンタちゃん(のネックレス)に。

次は、チェンダオで一番涼しい場所!とメーメーという所へ移動~。
くねくね山道を牛のウンチを踏みまくりながら進む…
大きな木 うしさん
大きな木ですが、よーーーく見ると綺麗にはしごが上のほうまでつけてあります。
あとで分かったのですが、木の上にある大きな蜂の巣を採るためのはしごだそうです。
この牛さんたちはいったい?!!どこかの村の放牧?野生???とにかく沢山居ました。
おかげで、道路はウンだらけ。
ロングステイホーム 噛み茶
ロングステイホームという場所に到着。
山の中、川がありとても涼しい場所にコテージ?があって、ロングステイできるそうだけど…
ん~~~~(笑) ショートでいいです!ってかんじでした。
右のピックアップの積荷は、噛み茶だそうです。
こちらではお茶の葉っぱは塩漬けにして、噛むんだそうで!

ご褒美は? シャーベット

さてさて、そろそろ帰りましょうか…
というわけで、のども渇いたのでアイスでも食べませんか!?と商店によりました。
光君は本日の通訳役のご褒美を買い込んでいます。(笑)
ご褒美は、タイの田舎で、ちょっとびっくりしたのですが、「遊戯王カード」!!!
そ、そんな日本のカードゲームがこんな商店にもならんでいるのかーと思ったら、ポテチのおまけ、ですって。
昔のプロ野球カード入りのポテチみたいなものですね。
右のが、アイスというか、シャーベット?というか、ジュースを凍らせたもの。
黒いほうを食べましたが、甘いコーヒーのような甘茶のような、意外とこれが美味しい!!
食べ方は、ゴムを解くのではなくて、角っこを噛みちぎってそこから噛みながら吸いながら食べます。
一番近いのは日本のチューチューだね。うん。
蘭がきれいでした
鯰邸の蘭の花、めっちゃ綺麗に咲いてました^^
この日のチェンダオの旅はこれにて終わり~。
本当にチェンダオ鯰さんありがとうございました!
また確実に遊びに行かせてもらいますので、またよろしく御願いします。(図々しい…ww

行きはバスに揺られて~でしたが、帰りは今回のチェンダオ観光一緒に過ごした鯰さんのご友人の車に乗っけてもらってチェンマイまで帰ることが出来ました。
ラッキーです。
車中も色々とお話を聞かせてもらって楽しく過ごすことができました。


現役時代は働きづめ、退職したら家でダラダラ…何するでもなく…って日本で過ごしてる人(うちの舅がそうだな…)と比べたら、なんかみんな行動力があって若々しくて人生楽しんでるかんじで、なんてこの人たちは楽しそうなんだろう!きっと今が一番楽しいんだろうなぁ~と思いました。
あーいいなーああいう生き方。

なんて思いがますます募った一日でした。。(笑)


チェンダオにお住まいのチェンダオ鯰さんのブログはこちらから。
チェンダオ鯰の溜意記ブログ



~追記~
チェンダオからチェンマイへ帰ってから泊まってたホテル(ナイトバザールから近いチェンマイプラザホテル)から近いマッサージ屋さんに行って足マッサージをしてもらいました。
実はマッサージというものは初めて。
元々肩が凝ったりしないからってのもあります。
だからマッサージ機などのマッサージで気持ちがいいと思ったことがなかったので…
ちょっと不安だったのですが、結構今回の旅では歩き回ってるので足も疲れてきたので行ってみることにしました。
マッサージ屋
日本語表記はたいがいのお店であるのですが、なんとなく入りやすい雰囲気のこのお店に決め。

運ばれてきた 旦那君の足
まずはたらいで足を洗ってもらい、アルコールで膝下を消毒。片足ずつなので、片足はタオルで丁寧に包んでもらって待機です。
で、クリームだかオイルだか塗ってもらってマッサージ開始。
うぉ。痛気持ちいい~。(笑)
なんか芸能人がテレビで足ツボマッサージされると、たいがいみんなギャーギャー言いながら悶絶してるから、相当痛いのかと思ったら…
やっぱり芸能人って大げさだよなー。
もう芸能人のリアクションには騙されないぞー。
(食べ物食べた後のコメントも大げさだよね…美味しい美味しい言うから同じもの食べに行って、は??っての多過ぎ)
どこが悪い?
足マッサージ45分くらい、肩から背中、腕などの簡単なマッサージもしてもらって1時間で150Bでした。日本円で450円。安~~~!
えーーなになに?
左足のあの指がグリグリされたとき痛かったな~っと…

目か!!

疲れ目だそうです。当たってます…

日本人って、誰も入っていない店は様子がよく分からないから入らないけど、中に日本人が居ると安心して入ってくる&行列があればいいお店だと思って並ぶ傾向あるよね…(笑)
なんか最初私たちだけだったのが、お店を出るときには外で待ってる人まで居るんだもんな…びっくりだよ。
あ、でもこのお店の方は上手なんじゃないかと思います。
比べてないので分かりませんが…≧(´▽`)≦アハハハ

タイ北部旅レポート~チェンダオ温泉編~

2006-05-12 (Fri) 21:14[ 編集 ]
お昼ごはんは近所のお店で美味しいカオカームーをいただき、
さて、チェンダオ温泉へ出発です。
到着
到着です。木陰に車を置いて、川べりの温泉へ…
川からの眺め湯ノ花
いやーもう最高だね。
タイ北部在住の日本人有志によって作られたチェンダオ温泉。
泉質は硫黄泉、ですよね、たぶん。
別府温泉と同じこれぞ温泉!って香り。。
右の白いのはすべて湯ノ花です。
景色最高!ホロホロチョウ
景色がほんとにいい!
最近雨がよく降ってたということで川が少しにごってるそうです、これでも。いつもはもっと澄んでいる綺麗な水なんだって~!
対岸には村があるっぽかったけど、そこで飼われているのかな?ホロホロチョウがいました。
鶏と喧嘩しながらギャーギャー走り回ってました。(笑)
うちの旦那君
うちの旦那君、温泉満喫~。
チェンダオ温泉最高!
温泉に入っては川で遊び、また温泉で温まっては川で遊び~~~…
サイコーですよ。ほんと。
もちろん雲丹も岩陰でこそっと着替えて(笑)水着で温泉楽しみました。
雲丹は少し早めに着替えて川の中を歩き散策していたのですが、チョウチョや見たこと無いような綺麗なトンボ、日本(の都会)ではあまり見かけなくなったアメンボ、村の奥のほうに水牛がチラッと…色々発見しました。
大自然満喫!

行ってみたい!と思われた方は、こちらこちらのブログ記事もご参考にどうぞ~。
って、「じゃぁ行ってみよ!」っと気楽に行ける場所ではありませんが…(笑)

タイ北部旅レポート~チェンダオ~

2006-05-12 (Fri) 19:43[ 編集 ]
小さい写真はclickで大きくなります。

何族だったか・・・
チェンマイはタイ語もですがチェンマイ語も公用語のようです。
チェンマイ語が普通に喋れて(学校ではチェンマイ語らしい)タイ語も日本語もペラペラのチェンダオ鯰さんの息子さんの光くんを通訳に、山岳民族の村々を訪ねて回りました。
何個もの村が結構まとまって存在していました。
友好的な村は、たまにやってくる観光客むけに自分たちの作った装飾品などを売っていたりします。
そんな村は結構明るい雰囲気です。
でも閉鎖的な村は、結構荒れてます。。ボロボロってかんじでした。
(観光収入が無いから)
山
チェンダオは本当に景色最高!!
ジャックフルーツ
ジャックフルーツの木、発見。
細かいとげとげが表面にびっしり、大きいものだと両手で抱えるようなものもあるそうです。枝からでなくて、木の幹から直接生ってるからスゴイ。じゃなかったら、枝が折れるだろうなー。

マンゴー マンゴー
マンゴーってこんな風にぷら~んとぶら下がるようにしてなるんだ!
右の写真、手前はマンゴーがなっている木、後ろはまだ花をつけているマンゴーの木。花はとっても小さくて一枝に何百と咲くらしいです。その中の幾つかだけが実になるって事です。エリートです。(笑)

洞窟に仏像があるらしい
この洞窟の中に仏像があるらしく、さながら昔の水曜スペシャル・川口浩探検隊になった気分でワクドキしながら泥にまみれた怪しげな階段を上がっていく一行…

そのとき!!われわれの行く手を阻むものが現れた!!!!



それは・・・・・・コブラ!!
と言っても子供。小さい子コブラでした。
でも子供が居るなら親が居るってことでしょう。。。
というわけで、あっさりと引き返しました。(笑)

見てみたかったけどなー、洞窟の中の仏像!
いつかリベンジ!!??出来るかな…

火炎樹forblog-chiandao011.jpg
左は火炎樹という木。名前のとおり、燃えるような赤です。
東南アジアでは結構見られる木かな?
右は小学校のセパタクローのコート。あいにく学校は今お休みです。

パチンコ球
さて、これは何でしょう?
道端で乾燥中・・・・・
正解はパチンコ球。あの枝の先が二股に分かれてて先にゴムがついてて玉をびゅんっと飛ばすやつ。それ用の玉。
何に使うのかと思ったら、獲物(鳥など)捕り用だそうです。

タバコを吸うおっちゃん若い?
軒下でどでかいパイプを燻らせている村人発見。
写真撮らせてっと通訳してもらいパシャリと一枚。
もっと撮っていいよ~みたいなことを言っているらしくて2枚ほど写真を撮ったら…
チップを要求されたよ……ま、そうなるのではないかな~と予想はしていたけど…小銭が無くて20Bだすことに。ま、日本人感覚で行けば「安いから良いけど」です。
でも、タイなら食事が出来ます。
「タバコ代の足しにするよ」だって。そうしてまたそうやって珍しがって写真撮る人からチップをもらうんだね。賢い。(笑)

鯰さん宅
ミニ観光後、チェンダオ鯰さん宅へお邪魔しました。
開放されたリビング?からはチェンダオ山(2000m.級)が見えてそれはそれはすばらしい景色の気持ちのいいお家!!
うらやましすぎる環境です。
鯰さんお手製の梅ジュースや青いマンゴーの切ったもの(ほんのり甘くてさわやかな味!)プルーンみたいなフルーツなどつまみながら、先に訪ねてこられていた鯰さんのご友人とおしゃべり…

お昼ごはんを食べたら温泉に行きましょう!ということになりました。

続く…

タイ北部旅レポート~チェンダオへバスの旅~

2006-05-12 (Fri) 17:47[ 編集 ]
バスに乗っていきましたチケット
チェンマイに着いた次の日、チェンマイから75キロほど北に位置するチェンダオまでローカルバスで移動しました。
バスターミナルまではトゥクトゥクで。
バスの時刻表どおりにバスが出発するならば、あと30分以上は時間があるはずなのだけどなぜかすでにバスは出発寸前。
前のバスが遅れてたのか、バスの時刻表が変わってたのか…焦る。
急いでチケット売り場の列に並び、「チェンダーウ、ソン!(手はピース)」で無事買えました。

急いでバスに乗り込むとすでに満席…
えー立つのかーやだなー…と思ってたら、ニコニコしながらおばちゃんが詰めてくれて(日本なら2人掛けの椅子)なんとか座ることが出来ました。
旦那君もなんとか同じようにして斜め後ろの席をゲットした模様。。
エアコンなしのバスだから暑いかと思いきや、朝早かったので(7時くらい)なんともさわやか。
バスの車掌さんにチェンダオで降りる旨を伝えたところで、日本人だから珍しがられて色々と聞かれる…(タイ語&英語で)
最後に「ユー、マイフレンド!!」(親指立ててニカっと笑って)と言って立ち去る車掌… 友達になっちゃったよ。(笑)

右の写真はバスのチケット。

チェンダオに着いたなぁ~と思ったので(丁寧に英語のアナウンスなんてあるわけもなく、タイ語の道路標識と景色で判断するしかなく、雲丹たちは友人のメールのこういう景色が見えたら…という指示に従って判断)ちょうどほかのお客さんが降りようとしたところで車掌さんに「ローンレム・チェンダーウ・イン??(チェンダオインホテル?)」と聞くと、「ここだここだ、ここで降りて!」みたいなことを言われて急いで降りる。。

と。

日本人男性が手を振りながら登場~。
待ち合わせをしていたチェンダオ鯰さんでした。
あーーーよかったーーー!!
ここまで来て無事合流できなかったらもう途方に暮れるし。(笑)

朝ごはんに誘われカオソーイを食べに行き、その後鯰さん宅へ向かい息子さんを拾って4人で山岳民族の村めぐりに出発です。


次の更新でその様子をUPします。

*************************************

バスでの移動、一度体験したのでもう大丈夫。
これからも場所によっては、使ってみます。
なんでもやってみないとダメですね。
計画するまでは「タイ語以外が通じないなんて無理!!!!」と思ってたけど。。

それにしても、日本はバスに乗ってても停まる前にアナウンスはあるし、料金は入れればおつりも出てくるし、時間もきっちり、エアコン完備でなんでも確実。すばらしい。
ただ満席だろうと詰めてくれる人は居ないし(まぁ自分もしないわな)満席でも二人がけを一人で占領している人もたまに居る。そういう人はたいがい寝たふりで。ご老人に席を譲らない人も多いしね。

そう思うと、どっちが良いかって言うと、タイのほうがずっと良いような気がするんだよね。
日本も昔はもっと譲り合いがあったんだと思うんだけどね…?
タイはずっとかわらないでいてほしいな~。


チェンダオ鯰さんのブログに乗ったバスの写真がありましたのでリンクさせていただきます^^
こんなバスでした。2枚目の写真。
長期滞在できるものならバスの旅ってのもいいなぁ~。

タイ北部旅行レポート 食事編

2006-05-10 (Wed) 22:30[ 編集 ]
数ヶ月前にPCが故障したため、未だHP作成ソフト&FTPをインストールしていないため、今回の旅行はブログでの旅レポになります。。

1回目、タイ旅行レポートはこちら。
2回目、タイ旅行レポートはこちら。

今回の予定は、
1日目…午前中日本発、夜チェンマイ着。夜にナイトバザールへ。
2日目…ローカルバスに乗ってチェンダオへ。夜帰ってきてからナイトバザールへ。
3日目…市内観光。夜疲れていなければナイトバザールへ。
4日目…朝チェンマイ発、夜関空着。

予定通りに事は運び、楽しい旅行になりました。



今回はちょっと違うまとめ方をしてみようかな、と。

まずは、やはり食べたもの~かな?(笑)

1日目。
地元の食堂で
ナイトバザールを歩いていて見つけた食堂でカオソーイの表記を見つけて入ってみました。
お客さんは旅慣れた風のファラン(白人)のお爺さん一人。

カオソーイ
本場のカオソーイ!旦那君が注文しました。
今まで食べたものの中では割とあっさり目。かな~。

バイガパオ
ガイパットバイガパオ。雲丹の注文したもの。
鶏肉のホーリーバジル炒め。これ大好きなんだよね~!
初めての地元食堂でドキドキしてたら目玉焼き乗せてもらうように言うの忘れちゃった。
めちゃくちゃ辛くて、美味しかったです。

マムアンみかんジュース
デザートに果物屋台で買ったマムアン(マンゴー)とみかんの絞り汁100パーセントジュース。
マンゴーは屋台のお姉さんがその場で器用にナイフで皮をむいて切り分けてくれました。めちゃくちゃ美味しいです。繊維がほとんど感じられないくらい軟らかくて溶けちゃいそうなくらい。
みかんのジュースも、濃厚で美味しい!!
でも当たりハズレがあります。後日別の(あまり愛想がよくないおばちゃんのやっている)お店で買ったら、なんか薄~い味でした。
ハズレのみかんを食べちゃったみたいな味。甘くもない酸っぱくもない…みたいな。。。

*********************************************
2日目。

チェンダオに着きました
朝からバスに乗ってチェンダオという街へ向かいました。
バスを降りると、約束をしていたチェンダオ鯰さんが手を振りながら迎えてくれました^^
で、「朝早かったからひょっとして朝ごはん食べてないんじゃないですか?」と食事へ誘ってくださいました。
で、この写真がそのお店。
っていうか、朝ごはんは食べてたんですけどね…(笑)
ホテルのバイキングがアメリカンブレックファーストで、激マズだったのであまり食べてなかったから余裕~~。≧(´▽`)≦アハハハ

カオソーイ
朝からカオソーイ、いっただきまーす!
うん、美味しいね~カオソーイはやっぱり。
鶏肉が大きくって軟らかいです。
ココナッツミルクは少な目のさっぱり系でした。
鯰さん曰く、まぁまぁですね!ですと。(笑)

お昼
チェンダオ観光の合間にお昼ごはん。
バンコクからも食べに来る人が居るというカオカームー(豚足ご飯)の美味しいお店だそうです。

初のカオカームー
で、これがカオカームー。
豚足はすでに骨は外してあり、食べやすくなっています。
まったく脂っこくなくて、思ったよりあっさり目!
上に乗っているのはたぶん自生のパクチーです。
日本で見かける水耕栽培のパクチーと全然形状が違うので、違う葉っぱかと思ったよー。クリックしていただけると分かりますが花がついててかわいいです。(笑)
日本のパクチーは苦手ですが、なぜかタイに来ると平気で食べれます。なにかが違うんだよね~。

パッタイ
チェンダオからチェンマイへ帰ってきました。
夜はまたナイトバザールへ出かけ、ちょっとこじゃれた、でも庶民的なタイ料理レストランへ。一皿150円もしないから高いお店ではないです。食堂の倍はするけどね。
これはパッタイ。美味しかったです^^
なんかすごく量が多くて食べ切れなくて旦那君に食べてもらいました。
トマトの飾り切りが可愛かったです。

カオソーイ
またかよ!!!ですよね~。(笑)
でもどんなカオソーイが美味しいのか、どういうのがあるのか、知りたいので注文~。
やはりお店によって全然違います。
ここのはココナッツミルク多め、キャベツやにんじんなどの野菜が入っていてそのせいか少し甘辛。
今までのを比べて、ここのが一番美味しいと感じました。

*********************************************
3日目。
キアットオーサー
ホテルの朝ごはんが食べれたもんじゃないので、紅茶だけ飲みにいき、朝早くからチェンマイ旧市街地へカオマンガイの美味しいというキアットオーサーというお店へ向かいました。
ソンテウでターペー門まで、そこからブラブラと散歩。
早起きは三文の得だね。涼しくて歩きやすいし、気持ちが良いです。
ちょっと暑くなってきた~と思ったころに、お店に到着しました。

カオマンガイ
カオマンガイです。
いやーんなにこれ、めっちゃ美味しい~!!!
鶏はしっとりジューシー。
ご飯はいい感じに鶏がらのだしがしみこんでるし。
タレも美味しかったです。
なるほど、最初からシーユーダムを混ぜておかないで、後掛けってのもいいなぁ~。これからはそうしよう。

値段表
お値段表です。はい。読めません。(笑)
カオマンガイは一人20B。日本円にして60円。二人で120円!

朝ごはんの後、お寺を見て回っていたら、親切なソンテウ(乗り合いタクシー)の運ちゃんが声をかけてきて、100バーツで旧市街地のお寺と郊外のお寺二つとボーサーンのあたりを案内してくれる(4時間ほどかけて)帰りはホテルまで送るよ~というので、ちょっと考えてOKだして、観光に連れて行ってもらいました。
いちいち行きたい場所へ着くたび次の場所へトゥクトゥクやソンテウで移動してたらたぶん100バーツなんてすぐに飛んじゃうしね!
4時間案内してくれて300円は安すぎるくらい。

お昼
ソンテウでの観光が終わりに近づいたころ、運ちゃんが「お昼ご飯食べない?チープだよ!(笑)」なんていうのでそうすることに。
運ちゃん行きつけの食堂へ。

カオソーイ
カオソーイです。またもや。(笑)
ここのカオソーイはヌア(牛肉)でした。
で、ちょっと塩分高くて甘さ控えめ。
運ちゃんは「ここのがチェンマイで一番美味しい!!!」と力説していました。(笑)
これはこれで美味しかったです。好みによるね~。

ホテルへ送らなくていいから、BigCっていう大型スーパーで下ろしてくれと頼み、BigCにて運ちゃんとはさよなら~(⌒ー⌒)ノ~~~

ソーセージ
BigCをブラブラして色々と買い物したあと、入り口にあった屋台で買ったソーセージ。
野菜がたっぷりついてます。
塩味きつめ、ハーブたっぷりの味にきゅうりやキャベツの甘みがあって美味しい!!
ビール飲む人にはたまんないだろうね~。(笑)

夜はまたもやナイトバザールへGO!
チェンマイ料理
チェンマイ料理が美味しいと聞いてたお店へ直行~。
サイウア
サイウアというチェンマイソーセージ。
切ってあるので分かりにくいですが…
食感は日本で食べる荒引のソーセージなんかとは全然違う感じ。
強いて言うなら、手作りソーセージみたいなかんじかな。(私も以前作った)
いろんなハーブの味がして美味しいです^^
焼き飯
カオパットクン(えび焼き飯)にソムタムタイ(パパイヤサラダ)も注文。
手で食べる
チェンマイだもの、カオニョゥ(もち米)食べなくっちゃね!というわけで、ソムタムの汁にしたしながら手で食べたよ。
アローーーーイ!!!
旦那君はソムタムが苦手だったのに、カオニョゥと一緒に食べるのがすごく気に入っちゃって美味しい美味しい言って食べまくり。
「今度からは日本のタイ料理屋さんでもカオニョゥ&ソムタム頼むぞー」だって。


食べたものは、こんなかんじでした!
美味しくないホテルの朝食の写真は省いてます。(笑)

今回は、ほんとに美味しいものばっかりありつけて、最高でした!
ツアー会社なんかに任せると、美味しくないバイキングとか、タイなのになぜか中華とか連れて行かれるからねぇ、たまに…(笑)
やはり美味しいと評判のお店は迷いながらも探して行くだけの価値はありますね!!

次は、何編になるか分かりませんが、お楽しみに☆

チェンマイはフルーツ天国でした☆ 

2006-05-10 (Wed) 17:24[ 編集 ]
ナイトバザール
GWですが、タイに行ってきました。
タイは雨季に入る直前。フルーツ天国の始まりです。
ナイトバザールや市場に行っても、どこもこんな感じでフルーツがキロ売り・束売りです。
手前のライチも1束(左上のほうに紐で括ってある束があります。あの束ひとつ)100円ちょっと(お店と色づき具合によってまちまち)です。
こんなに美味しそうなのがこんなに安いの!!!っと思わず衝動買い…というほどの金額でもないけどなんにせよ量が量なので…ぐっと抑えて買わなかったのですが、買わなくってよかったです。
次の日、このブログに時々コメントを下さるチェンダオ在住の方の元を訪ねた際、ライチが沢山生っている場所へ連れて行ってくれたのです。

で、こんな状況!

たわわ、とはこのことなり
もうその辺りのライチの木が全部こんな感じで、たわわに実って、枝がしなっています。(写真はうちの旦那君)
弾力のある実を指で押して少しでも軟らかいものを探し、皮をむくと、びっくりするくらいジューシーな真っ白の実が!
たまに「ギャー酸っぱい!!!」ってハズレにも当たるのだけどね。(笑)

今回は本当に本当にサイコー!!の旅でした。
今までの旅行で一番楽しかった、かな!

本当にタイって最高!
これからも通わせていただきますっ。
破産しない程度に…(*≧m≦*)ププッ

最近ブログの更新が滞っていて、ごめんなさい。
きちんと再開する際には、お友達のブログにはご挨拶に回りますので、そのときはよろしくお願いいたします。
再開の前に「タイ旅行記」をUPすると思いますが…(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。